公衆無線LANを中継して活用

スマホにはwi-fi通信の有無を設定できる機能がありますが、通信をONにする事によって見た事のない電波を拾ってしまうという事も少なくないものです。
そういった電話の正体は公衆無線LANである可能性があります。
公衆無線LANというのはコンビニや飲食店、空港、駅などで用意されているwi-fiスポットの事ですが、そういった電波を利用する事によって無料でインターネットを行う事ができます。
そして時には公衆無線LANの電波が自宅まで届いてしまうケースもあるのです。
公衆無線LANを勝手に利用しても良いのか気になるものですが、基本的には使用を禁止するような決まりというのは設けられていません。
その為、自宅でも利用する事が可能な訳ですが、しかしながら電波が弱くなかなか思うような通信ができない事もあるものです。
そういった時には中継器を活用するという手があります
中継器というのは、要は電波の強度を増幅してくれる機械になります。
その為、自宅に微弱な電波が届いている場合、中継器を利用する事によって電波の強度が強くなり、それによって快適にインターネットを行える事があります。
因みに公衆無線LANの中にはセキュリティが掛かっていないケースもあり、そういった場合は通信情報が洩れてしまうケースもありますので注意が必要です。