公衆無線LANのアクセスポイントが設置されている施設

ノートパソコンやスマートフォンを持って外出している人は、公衆無線LANのアクセスポイントが設置されている場所へ行けばインターネットへ接続できるようになりますが、公衆無線LANのアクセスポイントはどのような場所に置かれていることが多いのでしょうか。
公衆無線LANのアクセスポイントは、主に人が多く集まる場所や、人の往来の多い場所に置かれることが多いです。例えば、デパートなどの大型商業施設や、駅の構内、空港やバスターミナルの施設内、バス停、宿泊施設といった場所の多くに公衆無線LANのアンテナが設置されています。また、建物だけでなく、列車やバスの車両の中や、航空機の機内にもアクセスポイントが設置されていることがあります。
公衆無線LANのアクセスポイントは臨時に設置される場合もあります。例えば、大規模なイベントの中には、開催期間中に会場に公衆無線LANのアクセスポイントを設置してインターネットへ接続できるようにしているものがあります。また、近年は、大規模災害時によって常設の通信網が使用できなくなった地域に、移動基地局を備えた専用車による臨時の公衆無線LANのアクセスポイントを設けられるようにする試みも行われています。