公衆無線LANのパケット量

公衆無線LAN踞ービスのdocomo Wi-Fiが2013年には59%に増加している状態で測定した後の地球を考えるとき、平均的な海水面を大陸にも延長した仮想的な形状をしたことで問い合わせや抗議が殺到した。思うんだけどカフェとかでPCの利用想定してるならわかるけど駅とかに公衆無線LANいらなくないかな。公衆無線 LAN に繋げるかどうかって運だな。電波飛び過ぎで干渉してるし、各社のアンテナが状況に応じて適切に設置されているとも思えないし。そこに個人が所有している端末の発する 2.4GHz 帯の電波も混ざってくるから、もうカオス。屋外で 5GHz 帯使えないし詰んでる。公衆無線LANもそうなんだけど外部接続のGWって全国に一つか二つなんだよな。一部で災害時の有用性を謳ってたりするけどそこらへんはガバガバ。実際起きないと公衆無線LANやMVNOの問題点は認知されないのかな。

公衆無線LANのユーザからのパケットは、アクセスポイントとセンター間のVPNを経由して、センター側のゲートウェイからインターネットに出て行くから、設置者の諸々はほぼ回避できると考えられる。Wifiシェアの連中は公衆無線LANの構築に専用機器が使われている理由を理解しているのか。クライアント側でやるとかガバガバすぎだろ。VPN over DNSは知ってても公衆無線LANで使うなんてのは思いつかなかったしめっちゃ黒だ。モーニングで入った、ガスト渋谷道玄坂店の公衆無線LAN、0001docomoでスピードテスト以前に繋がらないし、やっとつながったと思ったらこれ。ドコモのwifiは有料のくせにどこのガストでもこうで、まったく使い物にならない。