公衆無線LANはまだまだ不安定

無線LANルータが突如ご臨終なさった……何をどーやってもウンともスンとも言わない。家無線LAN配備してる。無線LANでデータのやりとりをPCとできるっての凄くいい。また無線LAN病が、、、もう有線でいいよ。横で見てる相方がアンビリカルケーブル止めて無線LANみたいにすればいいだろ、ヤシマ作戦出来たんならそれ位出来るだろとうるさい。SBの無料公衆無線LAN少な過ぎる。無料公衆ネットワークは誰でも侵入でき、入力した情報等が丸見え。たとえ、メールアドとパス登録後使用できるネットワーク(FREE-FON、スタバWi-Fi)でも、登録後はもうセキュリティが掛かって無いので丸見え。チハル氏のは無線LANの線を抜いて、1分くらいまってからLANの線さして、パソコン起動しなおして、らくらく無線スタートかなんかやればできそうな気がした。気がした。何かしようとすると、必ず妨害入るし、マンション一室に7個の無線LAN環境構築してる意味がわからない。

無線LANの設定弄ったらネット繋がらなくなってパソコンがただのテレビになった。あとはZL ZR増えたり電源が側面になったり無線LANスイッチ消えたり、あとはスロットが全面になったな。スロット全面はなんか新鮮だなぁと思ったけれど、DSとGBASPで通った道だったっけ。POS2 630エラーになるんだよな?無線LANルーター二重になってるのがだめみたいで一番根本のに繋げたら今のところ大丈夫みたい。無線LAN経由でmicroSDカードにアクセスできる機能について、対応するパソコンの環境は動作確認済みのOSは、Windows 8.1、Windows 7。「Wi-Fiという名前の無料の公衆無線LAN(サービス)」という意味になってしまいます。「Wi-Fi」は本来無線LAN対応機器同士の相互接続性を担保するための規格のこだから、その点が間違ってるのか。