公衆無線LANは安いけど遅い

公衆無線LANスポットなんのこと?

新幹線や空港・カフェ・ファーストフード店など街中を歩いているとよく目にする「Wifi」のマーク。なんとなく見ただけでわかるけれど、ちゃんと理解はしていないという人も少なくないのではないでしょうか。Wifi使えますという表記があるお店では無線LAN(Wifi)が使えるということを示しています。公衆無線LANは不特定多数のユーザーがWifiを使用できますよという意味です。お店に入れば自動的にWifi接続できるスポットもあれば、契約している携帯会社の条件を満たすことで利用できるなど様々な種類があります。また、有料サービスと無料サービスの2つのタイプがあります。

auなら「au Wi-Fi spot」docomoなら「docomo Wi-Fi」SoftBankなら「ソフトバンクWi-Fiスポット」など各携帯外車が提供してくれています。また、Yahoo! BBなどのインターネットプロバイダー契約済、月額400円前後で利用できる有料の公衆無線LANスポットなどがあります。もちろん、無料で使用できる公衆無線LANスポットもエリア拡大していて便利です。

公衆無線LANのメリット

「FREESPOT」などの無料の公衆無線LANを使用したい場合、設定は至って簡単です。スマホであれば設定からWifi接続をONにして「FREESPOT」と表示されたポイントを選択してアクセスすればいいです。ノートパソコンの場合は無線機能が内蔵されていればネットワーク接続から同じようについていれば「FREESPOT」のアクセスポイントを選択してあげればいいです。

公衆無線LANを使用するメリットについてはパケット通信料を気にしなくていいことです。また、Wifi経由にすれば使用料金にも響かないのでパケット量節約にもなります。外出先でも大容量のアプリをダウンロードしたり動画を見たり調べ物をしたり仕事をしたりもできるので、近場の無料公衆無線LANの場所はチェックしておくと有効活用できます。また、スマホの場合LTE非対応やSIMカードを抜いても使えるので、古いモデルのスマホ利用者にも気軽に使うことができます。

また、LTE接続してると時間帯によっては混雑して接続が遅くなってしまう時があります。しかし、公衆無線LANスポットは同時接続が少ないため安定した快適な通信ができるのも利点です。

公衆無線LANのデメリット

無料で使用できる公衆無線LANスポットはとても便利でありがたいが、注意しなければいけないこともあります。それがセキュリティの問題です。有料サービスやモバイルルーターなどの個人で使用するWifi端末では無線の暗号化が強化されています。一方、無料で提供されているものはWEPキーが店内に貼りだされているためカギが固定の状態になっています。入力の手間を簡単にするためにセキュリティ強度の低い短いキーになっているので、近くに万が一ハッカーがいた場合簡単に解読されて個人情報が知らぬ間に流れているなんていう危険性に繋がります。ポケットWiFiならセキュリティも万全で、制限もなくて高速です。

FON_FREE_INTERNET、FON、0001softbank、暗号化:Noneと表示されているものはセキュリティ対策がゼロなので、無料だからといって接続すると情報漏れや不正アクセス・ウィルス感染される可能性があるので覚えておいてください。Androidやノートパソコンで使用する場合はウィルスソフトは最新バージョンになっていることを確認し、ブラウザの設定で「SSL」による暗号化通信での使用をしたり、ファイル共有機能を解除しておきましょう。